神奈川県の横須賀の事なら横須賀ガイド
横須賀についてわかりやすく解説

神奈川県に位置する横須賀市の特徴

神奈川県というと、一番最初に浮かんでくるのは横浜市ではありますが、その次に横須賀市は栄えている都市であるといえます。場所は三浦半島に位置していて、中核市としても有名な都市が横須賀市です。大きな特徴といえば、米軍基地があることもかなり大きな特徴です。そのため、外国人も多く住む町としても知られているでしょう。普段は解放されていませんが、イベントなどが開催されているときは米軍基地の中に入って楽しめることもあります。

肝心な住み心地に関しては、自然が多くのびのびとした環境でありながらも、都会のような一面もあわせもっていて、どちらも満たしてくれるので住みやすさは抜群の都市でもあります。なかなかそういった両方を叶えてくれる都市というのはありませんから、どちらも手に入れたいという欲張りな希望がある人は横須賀市に住むと希望が叶うはずです。

ただ最近は少しずつ人口が減り始めているといわれてもいます。昔は軍港として栄えていたのですが、軍港としての機能を果たさなくなってから、その関係者のために作った住まいなどが空きとなってしまっているのです。また地域で行う産業がぐんと減り、働く場所がなくなったことも横須賀市の人口が減ってしまう原因となりました。昔から住んでいた人の高齢化も進んできているようです。これは横須賀市だけに限った問題ではありません。やはり住む人の年齢があがってくるのは仕方がないことです。

そのため、横須賀市の人口を増やそうと市も色々な取り組みを始めています。空き家へ入居する際の補助金を出すとか、空き家を解体する費用を補助するとか…そのような取り組みが始まっています。そういう意味では、もう一度住みやすい町になり始めているのが、横須賀市の特徴といえるでしょう。